群馬県高崎市の林田知子です。相続・遺言の仕事をしています。さわってみられる浮世絵と和本の展示会をします。

蒔絵 菊花に桐葉図 経箱 本願寺和賛本4冊(文箱入り)

漆黒の滑らかな光沢が美しい蒔絵の経箱です。
本願寺の経本が四冊入っています。
艶やかな光沢に蒔絵が映える本当に美しい逸品です。
風格があり良いものとはこういうものかと思われる品格があります。
箱は木地本漆塗りです。

文化13年の辞書

厚さが11センチもありますが和紙なので信じられない軽さです。
行書っぽい漢字辞典です。
私の自慢の一品です。

新編水滸書傳

全10冊
葛飾北斎画
天保9年 發兊
いかにも北斎らしいいきいきとした豪快な挿絵です。
虫食いがひどいのですが全体の状態は良いです。

改正月令博物箋  15冊

文化元年発行 その季節の、食べ物から行事、植える種、ありとあらゆる事が書いてあります。
とても状態の良い美しい本です。

絵本太閤記

享和元年(1801年 )9月 9冊

太閤記はおなじみの物語なので文字が読めなくても絵を見ているだけで楽しいし、
だいたいどのあたりの場面だな、と言う見当がつきます。
庶民の貸本だったらしくほんの端っこは手あかで真っ黒です。
かなりくたびれていますが虫食いはありません。

本朝古今書画便覧 

昔の文化人の紳士録のようなものと思われます。
文化9年御免  。文化15年彫成
若冲とか芭蕉とか自分の知っている名前が出てくるので見ていて楽しい本です。

江戸和本 梅花心易掌中指南全5冊揃い 元禄、手相

とても状態の良い本です。
楷書、カタカナ文でわかりにくい漢字にはルビが振ってあります。
図解も多く入って昔の人はこうやって手相の勉強をしたのかと感心します。
元禄10年の本を寛延4年に新刻したものです。

江戸時代の娯楽小説

庶民の娯楽のための絵入り小説です。
貸本だったらしく左の隅に手あかが付いています。

『 道中 記 』

南部 ~ 京都
大きさ縦7.5㎝×横16㎝
十八丁。 題せん欠。江戸後期

博物新編三集」動物図鑑のようなもの?

江戸時代(元治)の和本「博物新編三集」です。
あまりにリアルな動物の姿に写真を見ているようです。
どうしても欲しくて、やっと手に入れた一品です。

ヨーロッパの動物たちが多く載っています。

雲妙間雨夜月 上  馬琴

滝沢馬琴 原作の雲妙間雨夜月の上巻です。

挿絵が楽しい本です。